不登校解決サービス比較(2024年5月版)

1. 学校では解決が難しい不登校

近年、小中学生の不登校児童生徒数は増加傾向にあり、2022年には約30万人に達しました。これは過去最多の記録であり、社会全体で深刻な問題として認識されています。

不登校は単に個人の弱さや問題行動によるものと捉えるのは誤りです。現代社会における学校生活のプレッシャー、人間関係の複雑化、学習内容の高度化など、様々な要因が複合的に絡み合い、不登校を引き起こしていると考えられます。

学校の枠組みの中では解決が難しい不登校に対して、近年は様々な民間サービスが提供されています。本記事では、代表的な4つの不登校解決サービスの概要、特徴、料金、メリット、デメリットを比較紹介します。そして、サービスの選び方のポイントを解説します。

2. 主な不登校解決サービス紹介

サービス紹介① 「キズキ家学」

概要

キズキ家学は、不登校・長期欠席・登校渋りのお子様向けに、個別指導や少人数制のグループ指導、カウンセリング、学習支援などを提供する総合型の不登校解決サービスです。

特徴

  • 個別指導や少人数制のグループ指導で、一人ひとりに寄り添った学習支援を行う
  • 不登校の原因となっている様々な問題に対して、カウンセリングや心理療法を提供
  • 保護者向けのサポート体制も充実

料金

  • 月額利用料: 15万円~
  • 個別指導: 60分あたり5,000円~
  • カウンセリング: 60分あたり1万円~

メリット

  • 個別性に特化したサポートが受けられる
  • 複雑な不登校の原因にも対応できる
  • 保護者へのサポートも充実

デメリット

  • 料金が他社と比較して高額
  • 全国展開していない

サービス紹介② 「Allight Education」

概要

Allight Educationは、オンライン個別指導に特化した不登校解決サービスです。経験豊富なオンライン指導員が、一人ひとりの学習レベルや目的に合わせた指導を行います。

特徴

  • オンライン個別指導で、全国どこからでも利用可能
  • 経験豊富なオンライン指導員による個別指導
  • 不登校支援にも力を入れており、学習面だけでなく、精神面でのサポートも提供

料金

  • 月額利用料: 10万円~
  • 個別指導: 60分あたり4,000円~

メリット

  • 全国どこからでも利用可能
  • オンライン指導の利便性
  • 学習面だけでなく、精神面でのサポートも提供

デメリット

  • 対面での指導ではない
  • 個別性に欠ける場合がある

サービス紹介③ 「スダチ」

概要

スダチは、不登校の再発防止に特化した不登校解決サービスです。独自のオンラインプログラムを通して、生徒の自立心を養い、社会復帰を目指す。

特徴

  • 不登校の再発防止に特化したプログラム
  • オンラインプログラムで、時間や場所に縛られず学習できる
  • 保護者向けの説明会や個別相談も定期的に開催

料金

  • 初期費用: 30万円
  • 月額利用料: 10万円

メリット

  • 不登校の再発防止に高い効果が期待できる
  • オンラインプログラムの利便性
  • 保護者へのサポートも充実

デメリット

  • 料金が高額
  • 単一のプログラムのため個別性に欠ける場合がある

サービス紹介④ 「あすなろ」

概要

あすなろは、フリースクール運営を基盤とした不登校解決サービスです。居場所づくりに力を入れており、多様なプログラムを通して、生徒の興味や関心を伸ばし、自己肯定感を高める。

特徴

  • フリースクール運営を基盤とした居場所づくり
  • 多様なプログラムで、生徒の個性を伸ばす
  • 学習支援や進路相談なども提供

料金

  • 月額利用料: 5万円~

メリット

  • 居場所づくりに特化
  • 多様なプログラムで、個性を伸ばせる
  • 学習支援や進路相談も受けられる

デメリット

  • 不登校解決に特化していない
  • 生徒の積極的参加が必要となる

3. 不登校サービスを選ぶポイント

  • 解決方法: サービスによって、個別指導、オンライン指導、フリースクールなど、様々な解決方法が提供されています。子どもの状況に合った解決方法を選択することが重要です。
  • 不登校の再発確率: サービスによっては、独自のプログラムやノウハウに基づいて、高い復学率を実現しているものがあります。不登校の再発をできるだけ防ぎたい場合は、この点を考慮する必要があります。
  • 相談体制: 不登校は親子にとって大きな悩みとなります。サービスによっては、専門のカウンセラーによる相談体制が充実しているものもあります。
  • 料金: サービスによって料金体系が異なるため、予算と相談してサービスを選ぶ必要があります。
  • 子どもの意見: 不登校サービスを利用するのは子ども自身です。子どもの意見を尊重し、子どもが安心して通えるサービスを選ぶことが大切です。

サービス選びの参考となる情報

  • 各サービスのホームページ
  • 不登校新聞などの情報サイト
  • 口コミサイト

4. まとめ

不登校は、個人の弱さや問題行動ではなく、社会全体の課題です。学校だけでは解決できない場合、様々な不登校解決サービスが役立ちます。

サービスを選ぶ際には、子どもの状況やニーズに合ったものを選ぶことが重要です。各サービスの特徴や料金を比較検討し、子どもの意見を尊重しながら、最適なサービスを選びましょう。

不登校解決は、子どもにとってだけでなく、親にとっても大きな負担となります。一人で抱え込まず、周りの人に相談したり、専門家のサポートを受けたりすることが大切です。

最後に、不登校は決して恥ずかしいことではありません。周りの人に助けを求めながら、ゆっくりと解決していくことが大切です。
本記事が、不登校解決サービス選びの一助となれば幸いです。

参考URL

再登校支援サービスToCoについて詳しく知りたい方はこちら。

    *

    *


    記事一覧